日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

国分グループ本社、成長領域へ取組み加速 収益管理基準を厳格化 10次長計中間予算

卸・商社 ニュース 2018.03.05 11669号 01面

國分晃社長
國分晃社長

 国分グループ本社は第10次長期経営計画(2016~2020年度)が折り返し地点となる3年目を迎え、今期は中間予算に掲げる売上高2兆円・経常利益150億円の達成に向けた成長領域への取組みと収益管理を徹底する。前期は酒税法改正に伴う酒類の大口取引の消失など想定外の要因も発生したが、長計で掲げる重点戦略業態への取組み強化や海外事業の拡大を図るほか、全カテゴリーにおける収益管理基準を厳格化し、予算の達成へ臨む。(篠田博一)

 1日、開示した17年12月期決算は売上高1兆8797億18・・・
[全文は電子版会員登録を]