日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

三菱食品、チルド酒類提案強化 低温物流生かし差別化

卸・商社 ニュース 2018.03.19 11677号 01面


 三菱食品はチルド物流網を活用し、非加熱の日本酒やクラフトビールなどの提案を強化する。酒蔵・工場から店頭までを10度C以下で配送する高い品質を特徴に、女性向け新コンセプト商品の投入や既存シリーズのラインアップを拡充。酒類市場は昨年6月の酒税法改正で安売り規制が強化され、価格以外の手法による需要喚起が求められている。チルド帯ならではの特性を前面に訴求し、売場の活性化とユーザーの飲用機会の拡大を狙う。

 同社ではかねて低温物流機能を駆使した酒類の付加価値訴求に注力し、これまでも国内・・・
[全文は電子版会員登録を]