日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

三井食品、18年3月期は経常利益約4割増 売上高は過去最高更新

卸・商社 決算 2018.07.06 11726号 04面

 三井食品の18年3月期連結決算(一部既報)は売上高8164億円(前年比2.9%増)、営業利益27億円(同28.1%増)、経常利益34億2000万円(同38.9%増)の増収増益で着地した。

 3ヵ年中計「ACT2020」の初年度となった前期は有力顧客との取引深耕やカテゴリー強化に努め、売上高は過去最高となる8000億円超を達成。一方で業務プロセスの改善などで体質強化に努め、利益面も大きく伸長した。

 物流費の増加などで販管費率が悪化(0.01ポイント増/9.09%)したが、取引面・・・
[全文は電子版会員登録を]