日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

三井食品・萩原社長「安易な商売はしない」 “良い商品”の売りに全力

卸・商社 ニュース 2018.07.06 11726号 02面

萩原伸一社長
萩原伸一社長

 三井食品の18年3月期連結決算は売上高8000億円超の過去最高を更新し、経常利益は約4割増の好調な数字で着地した。これを受け、推進中の中期経営計画「ACT2020」(2017~20年度)の最終目標に掲げる経常利益率0.5%を1年前倒しで達成する方針だ。同社の萩原伸一社長は2日、東京の帝国ホテルで開催した「三井食品会」の18年度定時総会で、集まった仕入先トップなど300人に今期の重点スタンスなどの概要を次の通り語った。

    *

 前期業績は増収増益で着地し、今期は中計で掲げた・・・
[全文は電子版会員登録を]