日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

国分中部・トーカン、経営統合へ協議 来春、持ち株会社も

卸・商社 ニュース 2018.07.11 11729号 01面

 国分グループ本社とグループの中部エリアを担う国分中部、有力地域卸のトーカンは9日、国分中部とトーカンの経営統合に向けた協議を開始すると発表した。具体的な内容は今後3社で詰めていくが、来春に統合2社の株式移転による共同持ち株会社の設立を検討。両社の強みや経営資源を融合させた地域密着戦略を展開し、小売再編や業態間競争の激化などで厳しさを増すエリアの競争環境に対応する。(篠田博一)

 国分中部は1961年、国分(現・国分グループ本社)の名古屋出張所として開設。2016年にグループの・・・
[全文は電子版会員登録を]