日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

19年上期食品市場、健康・機能・時短・簡便・即食がけん引 社会構造変化を反映

その他 ニュース 2019.01.09 11817号 01面

 19年上期の食品マーケットでは、引き続き健康と簡便性で特徴づけた商品が好調な動きを示しそうだ。本紙が独自選定した102の食品カテゴリーのうち、上期に前年比3~7%増以上の成長が見込めそうな25業種から明確に浮かび上がるキーワードは、「健康」「機能性」「時短」「簡便」「即食性」など。今春の市場では4年ぶりの値上げラッシュなど消費に影響を及ぼしそうな要素も目立つが、これらのニーズを的確にとらえた商品の健闘が続きそうだ。=関連記事11~21面(篠田博一)

 本紙が天気予報形式で占っ・・・
[全文は電子版会員登録を]