日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

ユアサ・フナショク、改元見据え紅白エンドで祝賀演出

卸・商社 展示会 2019.02.22 11839号 01面


 「紅白のパッケージで売場のお祝いムードを演出してみませんか」。千葉県の大手卸、ユアサ・フナショクはこのほど開催した恒例の春季商談会「春のフードフェア」で5月の改元を見据えたユニークな販促企画を提案し、来場した地域SMなどの関心を集めた。

 企画のタイトルは「改元お祝いエンド」=写真=。取引メーカーが販売する赤と白を基調としたパッケージの商品のみを選定し、オリジナルの「新元号シール」を貼ってエンドで展開するもの。

 キユーピーのマヨネーズや日清食品のカップヌードル、S&Bカレー粉・・・
[全文は電子版会員登録を]