日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

王将フードサービス第2四半期 既存店売上げ、過去最高続く

外食 決算 2017.12.06 11629号 03面

渡邊直人代表取締役社長
渡邊直人代表取締役社長

 【関西】王将フードサービスの18年3月期第2四半期連結決算は、384億7500万円(前年比2.5%増)、営業利益25億3800万円(同4.8%減)、経常利益26億3600万円(同7.5%減)、当期純利益17億1000万円(同5.5%減)となった。既存店売上げは7月から過去最高が続く。「創業50周年お客様感謝キャンペーン」の販促効果が表れ、客単価が上昇したことも要因になった。

 増収については3年前から注力する労働環境整備と、これまでのQSC向上施策の結果、店舗従業員の意識と行・・・
[全文は電子版会員登録を]