日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

ロック・フィールド、第2四半期は高付加価値品が伸長

惣菜・中食 決算 2017.12.25 11637号 04面

 【関西】ロック・フィールドの18年4月期第2四半期決算は、旬の素材や調理法にこだわった高付加価値商品の提案に取り組み、主力の「RF1」は8月までの既存店売上げは好調に推移。フルーツトマトや国産牛を使用したお値打ち感のある高付加価値商品が客単価増に寄与した。9月、10月は他社のO157問題や台風の影響で客数が減少したが、客足が遠のいた9月には「神戸コロッケ」業態などフライ商品が伸長した。

 上半期業績は売上高251億1000万円(前年比1.4%増)、営業利益13億1500万円(・・・
[全文は電子版会員登録を]