日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

近畿酒食材協議会、総会開催 前期は7億500万円達成 企画力で生き残る

卸・商社 総会 2018.01.26 11651号 10面

遠藤学副社長
遠藤学副社長

 【関西】業務用食材卸、エンド商事を中心に近畿圏の酒販店で構成する「近畿酒食材協議会」(ksk、事務局=エンド商事内)は第28回総会を18日、大阪市のハイアットリージェンシー大阪で開催、会員・賛助会員約150人が参集した。前期実績(1~12月)は7億0500万円(前期比4%増)で、2年前から掲げる目標を達成。今期は7億2500万円(同3%増)を目指す。

 本部代表の遠藤学エンド商事取締役副社長は「外食業界は人件費や食材費、物流費の高騰など問題も多いが、われわれは地元に根差した酒・・・
[全文は電子版会員登録を]