日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

ビジネスフォーカス:ファミリーネットワークシステムズ 魅力のご当地食を家庭に

冷凍・チルド 統計・分析 2018.12.28 11813号 12面

堀田茂社長
堀田茂社長

(手前から反時計回りに)石見ポークの肉じゃが、キャベツと細切り昆布の松前酢あえ、大豆入り切り干し大根
(手前から反時計回りに)石見ポークの肉じゃが、キャベツと細切り昆布の松前酢あえ、大豆入り切り干し大根

 【関西】1988年に酒屋として創業したファミリーネットワークシステムズは、2009年から地方の食品メーカーと手を組み、旬の食材を使用した冷凍食品の宅配を開始。酒類の宅配事業に始まり、時代の変化に合わせながら魅力的な地方の食を家庭に届けている。社長自ら全国を奔走し、ご当地の食を発掘しながら湧き出るアイデアで数々のヒット商品開発を影でサポートしてきた。堀田茂代表取締役社長に取組みなど聞いた。(篠原里枝)

 ●こだわり酒屋からサプライヤー

 酒屋時代は当時では珍しく、全国各地の酒蔵か・・・
[全文は電子版会員登録を]