日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

ロック・フィールド、第2四半期は災害影響色濃く

惣菜・中食 決算 2018.12.28 11813号 05面

 【関西】ロック・フィールドの19年4月期第2四半期決算は、台風や地震の大きな影響を受け、出店のメーンとなる百貨店・駅ビルの休業や静岡ファクトリーの停電に伴い、厳しい状況で推移した。そのような状況下で、旬の素材や調理法にこだわった高付加価値商品の提案に取り組み、高価格帯商品が定番として定着。ハレの日を中心に売上げを伸ばした。第2四半期は度重なる災害の影響を受け、売上高は計画に対して3億8000万円未達の249億7300万円(前年比0.5%減)、営業利益は9億7000万円(同2・・・
[全文は電子版会員登録を]