日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

近畿酒食材協議会が総会開催 今期7億2500万円目標

卸・商社 総会 2019.01.25 11824号 06面

遠藤学エンド商事取締役副社長
遠藤学エンド商事取締役副社長

 【関西】業務用食材卸、エンド商事を中心に近畿圏の酒販店で構成する「近畿酒食材協議会」(ksk、事務局=エンド商事内)は第29回総会を17日、大阪市のハイアットリージェンシー大阪で開催、会員・賛助会員ら140人が参集した。前期実績(1~12月)は7億円(前年比1%減)で2社退会の影響を受けたが、既存26社ベースでは2%増で推移した。今期は7億2500万円(同3%増)を目指す。

 本部代表の遠藤学エンド商事取締役副社長は「酒を得意とするわれわれは、ほかの食材問屋にはできない、毛細・・・
[全文は電子版会員登録を]