日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

六甲バター、18年12月期売上げ過去最高 今期は3工場安定稼働が鍵

乳肉・油脂 決算 2019.03.04 11843号 03面

塚本浩康取締役副社長
塚本浩康取締役副社長

 【関西】六甲バターの18年12月期は、過去最高売上げとなる前年比6.7%増の526億7200万円、営業利益は同10.5%減の43億5800万円で着地。前年に比べると大幅減益ではあるが、過去3番目の高利益となった。今期は基幹工場となる神戸工場を加えた3工場の安定稼働が必達。さらに創業70周年を契機にブランドメッセージの変更など、チャレンジを仕掛けていく。

 前期、チーズ部門の売上高は501億1600万円、同7%増で推移。家庭用、業務用ともに対前年を大きく上回った。中でも家庭用P・・・
[全文は電子版会員登録を]