日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

大阪府食品卸同業会・日食協近畿支部、新春講演会を開催 実体験を踏まえ、大谷氏が講演

卸・商社 セミナー・催し物 2019.03.08 11845号 04面

魚住直之会長
魚住直之会長

 【関西】大阪府食品卸同業会と日本加工食品卸協会(日食協)近畿支部は4日、大阪市都島区の太閤園で恒例の「新春講演会」を開催した。元吉本興業で有名漫才師のマネージャーを務め、現在は人材活性プロデューサーの大谷由里子志縁塾代表取締役が「大谷流 元気の出る企業経営 きばらんかい!経営者!」をテーマに、笑いを交えて語った。

 魚住直之会長(伊藤忠食品執行役員西日本営業本部本部長)は出席した会員約180人を前に「本日の講演では、大谷氏に私どもに叱咤(しった)激励していただく。原材料費や物・・・
[全文は電子版会員登録を]