日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

日本加工わさび協会、臨時総会開催 顧客視点の開発を 天候不順で伸び悩み

調味 総会 2017.10.30 11611号 03面

小林一光会長
小林一光会長

 日本加工わさび協会は20日、平成29年度臨時総会を静岡県熱海市の「さくらや」で開催した。小林一光会長は「顧客の視点から見た業界にならなければ健全な発展はあり得ない。顧客視点での製品開発に努めなければならない。現在は生鮮の本わさび輸出の取組みも進んでいる。本わさびを海外の顧客に理解してもらうことで、日本の食文化であるわさびを世界に広めていきたい」とあいさつした。議案審議では技術委員会の活動報告、加工わさび原料の内外情勢、加工わさび製品動向の意見交換が行われた。

 加工わさび原料・・・
[全文は電子版会員登録を]