日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

ハウス食品グループ本社、第2四半期は主力・海外事業けん引 通期で2900億円突破へ

調味 決算 2017.11.15 11618号 03面

 ハウス食品グループ本社の17年度第2四半期決算は、主力の香辛・調味食品事業や海外食品事業が好調に推移し増収増益となった。連結ベースの売上高は、1434億3400万円(前年比4.7%増)、営業利益74億5600万円(同39.3%増)、経常利益80億1000万円(同49.0%増)、第2四半期当期純利益43億2800万円(同2.9%増)となった。

 今上期を振り返って藤井豊明取締役は「今年度は第5次中期計画の最終年度となる。一昨年の壱番屋、昨年のギャバン、8月にはマロニーを当社グル・・・
[全文は電子版会員登録を]