日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

「フードメッセinにいがた2018」開催 価値ある農産物と最新機器が集結

その他 展示会 2018.11.08 11792号 00面

会場の様子 最新の機械や設備、希少な農産物を提案している
会場の様子 最新の機械や設備、希少な農産物を提案している

 食の国際総合見本市「フードメッセinにいがた2018」が新潟市の朱鷺メッセコンベンションセンター展示ホールで開催されている。出展規模は過去最多の401社・408小間。新潟県および隣接県の商工会と商工会議所が出展をサポートした商談会初出展の事業者が多数出展し、地域ならではの希少な食材を紹介。また、最新の食品製造設備・機器、容器が一堂に揃った。地域食材と首都圏の技術が新潟で見られる貴重な商談機会だ(山田由紀子)

・・・
[全文は電子版会員登録を]