日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

「地域食品ブランドフェア」フルーツ王国和歌山の元気企業:紀ノ國フーズ(岩出市)

農産加工 展示会 2018.12.03 11803号 12面

誰でも飲める甘酒「初音」の開発に力を注いだ林定男社長
誰でも飲める甘酒「初音」の開発に力を注いだ林定男社長

 ●ドライバーも飲める健康甘酒を開発

 紀ノ國フーズは誠実、安全、安価、安心、適切をモットーに、無農薬、有機野菜、無添加食品などを製造する。

 林定男社長は、「甘酒は飲む点滴として栄養補給飲料、健康飲料としての視点から、米麹だけでできた甘酒『初音』を砂糖不使用、無添加、無加糖、ノンアルコールで子どもから年配者まで楽しめ、ドライバーも飲用できるものにした」と言う。

 和歌山県産の桃を丸ごとぜいたくに使った「フルーツ甘酒 桃の気分」は、米麹のすっきりした甘さと白桃の濃厚な香りと味。産地・・・
[全文は電子版会員登録を]