日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

熊本地震から1年 工場再稼働までの歩み マルキン食品・阿蘇工場(下)社内外協力に、やればできる

農産加工 連載 2017.04.19 11514号 05面

再稼働を果たした阿蘇工場
再稼働を果たした阿蘇工場

がれきで覆い尽くされていた包装・梱包室も完全復旧した
がれきで覆い尽くされていた包装・梱包室も完全復旧した

 社員の多くは自宅が全壊・半壊、または一部損壊し、しばらくは車中泊が続いた。その後は避難所から工場に出勤し、復旧作業に当たった。それぞれに家庭での心配を抱えていたが、社員の誰もが工場の復旧に向けてまっしぐらだった。

 坂本秀文常務取締役生産本部長は「『早く、いつもの納豆や豆腐が食べたい』『再開を待ち望んでいる』といったファンからの便りが何よりもの支えだった。こうした思いが、社員を突き動かす大きな原動力になっていた」と振り返る。

 地元や取引先などの支援も強力に後押しした。特に天井・・・
[全文は電子版会員登録を]