日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

次亜塩素酸水生成装置のJIS制定 来夏にも第1号認定機種登場へ

機械・資材・IT ニュース 2017.12.22 11636号 03面


 今年10月20日に経済産業省の「新市場創造型標準化制度」を活用してJIS B 8701が制定された「次亜塩素酸水生成装置」は、早ければ来年夏にも第1号認定を受けた機種が登場する見通しだ。制定に向けて原案作成の取りまとめを行ってきた機能水研究振興財団がこのほど明らかにした。

 食品の調理加工現場などで食材の殺菌や器具・環境の衛生管理に用いられる次亜塩素酸水は、ユーザーが現場に設置した生成装置を自ら操作して作られる。これまでは生成装置の仕様や性能に関して標準化された規格がなかった・・・
[全文は電子版会員登録を]