日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

名古屋・新味来発見(3)仏料理・コンテンポラリー・ダイニング「クラウン」 「繋がり」を創る

外食 連載 2017.09.11 11588号 11面

名古屋コーチンのソテー(左)と真鯛のマリネ
名古屋コーチンのソテー(左)と真鯛のマリネ


 【中部】開発が進む名古屋駅を中心に、こだわりの料飲店が続々と進出する名古屋。本企画では、話題の外食店にスポットを当て、そのこだわりなどを紹介している。全3回シリーズの最後を飾るのは、ウェスティンナゴヤキャッスル内にあるコンテンポラリー・ダイニング「クラウン」。

 同店は、窓から名古屋城を中心に広がる美しい風景を一望でき、「豪華さ、過ごしやすさ」を大切に設計された、ダイニング、鉄板焼き、バーの三つの食空間からなる。価格帯は、主なランチメニュー・見目麗しきフレンチコース「マダムナ・・・
[全文は電子版会員登録を]