日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

チルド包装惣菜メーカー ヤマザキグループが描く「惣菜の将来像」 ヤマザキ・山崎朝彦社長に聞く

惣菜・中食 インタビュー 2018.01.29 11653号 16面



 ヤマザキグループは、作りたての料理をそのまま閉じ込めた鮮度保障30~40日のロングライフ惣菜で、チルド包装惣菜市場に革命を起こした静岡県を代表するメーカーだ。水産加工業として創業した後、煮豆やポテトサラダなど、低温殺菌技術の研究に60年以上も注力し、今期で創業128年を迎える。商品は「健康に良く、おいしい惣菜」という考えのもと、保存料・合成着色料不使用で、添加物を極力使用せず、素材の味を生かすように開発されており、各方面から高い評価を得ている。食品市場が縮小傾向にある中、拡・・・
[全文は電子版会員登録を]