日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

みりん風調味料発売70周年記念インタビュー 福泉産業・佐藤順仁社長 「非凡なる平凡」を目指す

調味 インタビュー 2018.02.19 11663号 11面


 【中部】創業322年を誇る福泉産業は、みりん風調味料を国内で初めて発売したことでも知られる醸造メーカーだ。現在は「新味料 福泉」という名で販売され、発売70周年を迎えた今も主力商品の一角を担い続けている。そこで、今回は、みりん風調味料の開発経緯や今後の経営方針などについて、佐藤順仁社長に話を聞いた。(立川大介)

 --開発経緯は。

 創業から戦後に至るまで酒類製造業を中心としてきた。しかし、稲垣直文前社長が方針転換し、創業以来培ってきた技術を生かしつつ、酒類の販売業免許を持たぬ・・・
[全文は電子版会員登録を]