日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

柳屋本店創業150周年記念インタビュー 村松康範社長 時代を読み事業改革

水産加工 インタビュー 2018.09.24 11767号 07面

村松康範社長
村松康範社長

 【中部】カツオ(冷凍)の水揚げ量日本一の漁港として知られる焼津港を中心に、全国有数の水産加工の町として発展してきた焼津市。その焼津市に本社を構える柳屋本店は今年、創業150周年を迎えた。そこで、村松康範社長に、創業から現在に至るまでの歩みと今後を見据えた取組みについて話を聞いた。(立川大介)

 ●愛される企業を目指す

 --これまでの歩みは。

 1868(明治元)年に村松善八が鰹節製造販売業として創業。柳屋本店は、初代・村松善八の五男・直治郎が鰹節業を継承し、1949年に設立した・・・
[全文は電子版会員登録を]