日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

新トップ登場:備後漬物・佐藤豊太郎社長 3年で売上げ200億円狙う

農産加工 インタビュー 2018.02.05 11657号 01面


 ●トップ3目指す

 「この3年で売上高200億円到達を。漬物で業界トップ3を目指す」と話すのは、17年10月に新トップに就いた備後漬物の佐藤豊太郎社長。漬物を中心に多彩な成長戦略を推し進め、将来を見据えた投資にも積極的に取り組む。創業70周年を機にスタートした新体制で、長期目標である売上高300億円をしっかりと見据えている。

 「和風キムチ」「旨えびキムチ」「吉野家白菜キムチ」といった人気ブランドを揃え、キムチのトップメーカーとして業界をけん引する同社。そのキムチを中心とした漬・・・
[全文は電子版会員登録を]