日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

隆祥房、恒例の親子手作りぎょうざ教室開催

小麦加工 セミナー・催し物 2019.02.18 11837号 06面


 【中部】隆祥房は2日、毎年恒例で「旧正月(今年は2月5日)は餃子の日」を訴求する「親子手作りぎょうざ教室」=写真=を、愛知県長久手市のアピタ長久手店で午前、午後の2回開催し、それぞれ8組の親子が参加した。また、同社は18年4月から「あいち食育サポート企業団」に入団。今回は同企業団の食育イベントの一環としてでもあり、同企業団でのギョウザ教室は初となった。

 イベントは講義と実習があり、いずれも同社の管理栄養士の社員が講師を務めた。講義では旧正月の意味として、日本は正月におせちや・・・
[全文は電子版会員登録を]