日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

拡大続く豆乳市場 16年生産量、過去最高へ 10年後60万klも

飲料 ニュース 2016.07.22 11385号 01面

「豆乳の料理提案が需要を底支えしている」と語る日本豆乳協会の重山俊彦会長
「豆乳の料理提案が需要を底支えしている」と語る日本豆乳協会の重山俊彦会長

 豆乳消費が拡大している。15年の生産量は30万3000klを記録。20年間で市場は10倍以上に拡大した。健康志向の高まりに加え、料理への用途提案が奏功したのが追い風になった。主要メーカーを中心に業界全体でのプロモーションを活発化させ、16年の生産量は過去最高の32万klにまで増える見込み。日本豆乳協会の重山俊彦会長は「10年後には、生産量60万klを視野に入れる」と確かな手応えを示した。(涌井実)

 日本豆乳協会によると、豆乳鍋やスイーツなど料理への用途が拡大したことで、ここ・・・
[全文は電子版会員登録を]