日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

味噌、内外で高まる需要 16年出荷量9年ぶり前年超

味噌・醤油 ニュース 2017.02.27 11491号 01面

 味噌の需要が国内外で高まっている。全国味噌工業協同組合連合会(47組合929社)がまとめた16年の味噌の国内出荷量は9年ぶりに前年を上回り、輸出実績も過去最高を更新した。21日に行われた臨時総会で小手川強二会長は、「和食がユネスコ無形文化遺産に登録され、味噌をはじめとする発酵食品の価値が見直されている。この追い風に乗って味噌の魅力を発信していきたい」と、会員企業の奮起を促した。(涌井実)

 16年の累計出荷量は40万9718t(前年比0.2%増)で、前年から約700t増加した・・・
[全文は電子版会員登録を]