日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

1月の家計調査 食料支出は0.9%減 酒類落ち込む

その他 統計・分析 2017.03.10 11496号 07面

 総務省が発表した1月の家計調査(全国・2人以上の世帯)によると、1世帯当たりの消費支出は27万9249円で前年同期比0.6%減少した。酒類・外食などを含む食料品への支出は7万3667円(同0.9%減)だった。

 大カテゴリー分類では、「穀類」が前年比3.1%減、「魚介類」が同5%減、「肉類」が同2.5%減、「菓子類」が同2%減、「外食」が同3.9%減でいずれも前年同期の実績を下回った。特に「酒類」は焼酎やビールなどが振るわず、同7.4%減と大幅に支出が減った。

 一方、「乳卵類・・・
[全文は電子版会員登録を]