日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

18年上半期トレンド予測 国産スーパーフードブームの兆し 伝統食材、世界へ

その他 ニュース 2017.11.17 11620号 01面


 18年上半期の食品業界では、「ITはなびらたけ」「玄米甘酒」「アカモク」など国産のスーパーフードが新たなブームになりそうだ。日本スーパーフード協会がこのほど発酵食品、コメ類、茶類、藻類、伝統自然食品の各分類でトレンド予測を発表した。これまで捨てられていた栄養価の高い素材や既存の伝統食材を“ジャパニーズスーパーフード”としてカテゴライズし、国内および世界に向けて発信する。(涌井実)

 ジャパニーズスーパーフードとは、日本の伝統的な食文化において日本人の健康に寄与したと評価される・・・
[全文は電子版会員登録を]