日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

日本包装技術協会など10団体、包装界合同新年会開催 次世代に向け挑戦

機械・資材・IT セミナー・催し物 2018.01.12 11644号 02面

藤重貞慶会長
藤重貞慶会長

 日本包装技術協会(JPI)など関連10団体は10日、東京都文京区のホテル椿山荘で包装界合同新年会を開催した。

 主催者を代表してJPIの藤重貞慶会長(ライオン相談役)は「フードロスの削減や高齢化への対応、地球環境保全などの課題に対して、包装界では品質保持や賞味期限の延長、利便性の向上、環境に配慮した素材の使用などさまざまな取組みがなされている」とあいさつ。「これらは次世代に向けた大きな挑戦であり、今後の包装産業の発展と豊かな社会の形成に大きく貢献する」と語った。

 同協会が今秋・・・
[全文は電子版会員登録を]