日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

味噌・即席味噌汁、春の新商品は個性派揃い 新価値で潜在需要深耕

味噌・醤油 ニュース 2018.02.19 11663号 01面

 大手味噌メーカーを中心に、味噌・即席味噌汁の新商品が出揃った。画期的な大型商品は見当たらないが、マルコメが発売する粉末タイプのだし入り味噌や、ひかり味噌の使い切りタイプのスティック味噌など意欲的な商品が目立つ。伸長する即席味噌汁市場には、永谷園や神州一味噌などが新商品を投入した。いずれも消費者の潜在的なニーズを深耕する価値訴求型の商品が多く、今春の各社の商況が需要回復に向けたポイントになりそうだ。(涌井実)

 マルコメは3月上旬、料亭の味ブランドでは初となる粉末タイプの商品「・・・
[全文は電子版会員登録を]