日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

製粉協会・近藤雅之新会長が語る 業界使命念頭に対応

小麦加工 インタビュー 2017.09.01 11583号 02面

近藤雅之新会長
近藤雅之新会長

 製粉協会の近藤雅之新会長は8月29日、業界専門紙記者懇談会の席上、就任の抱負および日本と欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)交渉大筋合意や農業競争力強化支援法など業界をめぐる当面に課題について、「製粉業界の使命である小麦粉および関連製品を安全かつ安定的に供給することを念頭に置き、農林水産省との折衝も含めて諸課題に対応していく」と基本的な考え方を示した。(八木沢康之)

 日EUのEPAについては、EU産小麦を対象としたSBS枠が新設され、発効時に200t、7年後に270t・・・
[全文は電子版会員登録を]