日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

昭和冷凍食品、オンリーワン商材を拡販 冷凍たこ焼き輸入販売本格化

冷凍・チルド ニュース 2018.03.14 11673号 02面

佐藤誠社長
佐藤誠社長

 昭和産業の100%子会社である昭和冷凍食品の17年12月期(第26期)決算は、売上高26億6000万円で前年比3%減収、営業利益・経常利益はほぼ前年並みで着地した。今期はラビオリ、ワンタンなどスナックフライ商材やプチケーキなど伸長しているオンリーワン商材の拡販に注力し、前年比3%増収を目標に取り組む。8日に開かれた記者懇談会で佐藤誠社長が明らかにした。

 同社の前期部門別販売状況は、冷凍生地部門が前年比8%減、冷凍食品部門が前年並みとなった。冷凍生地部門は、新規顧客の開拓を進・・・
[全文は電子版会員登録を]