日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

山本味噌醸造場、発酵食品の魅力発信

味噌・醤油 ニュース 2017.11.10 11616号 04面

山本幹雄専務
山本幹雄専務


 創業100年の歴史を誇る山本味噌醸造場。商品開発のキーパーソンは、4代目の山本幹雄専務取締役。地域特性を生かした原材料や技術、ネットワークを駆使した話題の商品を生み出すことに注力、発酵食品の魅力発信に努めている。同社の看板商品は、上越地域継承認定の浮き糀味噌「雪ん子味噌」。その知名度をもとに国産原料にこだわった「手づくり新潟コシヒカリ味噌」、地元への思いを形にした「直江津」、うす塩で甘口の「越の淡雪」をはじめとするバラエティー豊かな越後味噌を製造。さらに雪室熟成、メイドイン・・・
[全文は電子版会員登録を]