日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

福島県、「美味いものどころ ふくしまの恵み個別商談会」開催 新たな付加価値を提案

その他 展示会 2017.12.22 11636号 05面

事前マッチングによる個別商談をメーンに、来場バイヤーは展示ブースでじっくり商品を見ることができる
事前マッチングによる個別商談をメーンに、来場バイヤーは展示ブースでじっくり商品を見ることができる

 福島県は県産の農林水産物・加工食品の販路拡大を目的に、商品ごとの販売ターゲットを絞り込んだ「平成29年 美味いものどころ ふくしまの恵み個別商談会」を11月22日に東京ドームシティプリズムホールで開催した。福島県農業会議、福島県観光物産交流協会、福島県中小企業団体中央会、全国農業協同組合連合会福島県本部が協力した。

 同商談会には、県内の農林水産業者と食品加工業者73事業者と首都圏を中心に量販店、百貨店、飲食事業者など40社53部門のバイヤーが参加。1事業者約5商談を実施した・・・
[全文は電子版会員登録を]