日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

渡辺酒造店、地域活性化へ取組み 「豊醸蔵」拠点に

酒類 ニュース 2018.06.15 11715号 13面

渡辺吉樹代表
渡辺吉樹代表

五百万石と越淡麗を15haの水田で生産
五百万石と越淡麗を15haの水田で生産

 【新潟】新潟清酒「根知男山」の醸造元・渡辺酒造店が、地域活性の新たな取組みを進めている。山あいにある糸魚川市根小屋に、自社林の杉を使った多目的施設「豊醸蔵」を4月1日、オープンした。直売店とカフェ、酒造りを紹介するスペースを設け、国内外の旅行者を呼び込む。6代目当主の渡辺吉樹代表は「豊醸蔵を拠点に糸魚川、根知を世界に発信。インバウンドの道筋をつけ海外の働き手を確保することで、地域の活性化につなげたい」と語る。

 本社と醸造蔵の近くに建設された豊醸蔵は木造一部2階建てで、延べ床・・・
[全文は電子版会員登録を]