日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

「味覚の一週間」15日全国でスタート 味の伝承テーマ 小学生に五味教える

外食 セミナー・催し物 2018.10.12 11777号 05面

「味覚の一週間」呼び掛け人(前列左から)磯村尚徳氏、服部幸應氏、三國清三氏らと活動賛同者。コウケンテツ氏(後列左端)も味覚の授業に参加する(2018記者発表会)
「味覚の一週間」呼び掛け人(前列左から)磯村尚徳氏、服部幸應氏、三國清三氏らと活動賛同者。コウケンテツ氏(後列左端)も味覚の授業に参加する(2018記者発表会)

 「味覚の一週間」実行委員会は15~21日、「味覚の授業」「味覚の食卓」「味覚のアトリエ」の三つの活動を日本全国で展開する。「味の伝承」をテーマに、日本の伝統食、伝統の食材、伝統行事の大切さにフォーカスする。詳細は味覚の一週間事務局公式ホームページ=http://www.legout.jpまで。

 子どもたちへの食育活動から始まった「味覚の一週間」も今年で8回目。中核となる「味覚の授業」は、今年の招へいシェフ、ギイ・マルタン氏(フランス)が18日、東京都中央区立明正小学校の3年・・・
[全文は電子版会員登録を]