日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

新潟県、新潟米産地プレゼン&商談会開く 取組みアピール

農産加工 展示会 2019.02.22 11839号 08面

産地プレゼンテーション会場。商談を前にバイヤーも熱心に生産者らの取組みに耳を傾ける
産地プレゼンテーション会場。商談を前にバイヤーも熱心に生産者らの取組みに耳を傾ける

自慢の玄米が並ぶ商談会場
自慢の玄米が並ぶ商談会場

 新潟県は7日、東京都千代田区のホテルメトロポリタンエドモントで「新潟米産地プレゼンテーション及び商談会」を開催した。前半のプレゼンテーションでは県内生産者や生産者団体、JA、集荷事業者22社58人が参加し、未来に向けた取組みと自慢のコメをアピールした。続いて新潟米の食べ比べ。展示会と個別商談会には中食・外食業界バイヤーら47社70人の来場者と活発な商談が行われた。

 新井一郎新潟県農林水産部食品・流通課長が冒頭のあいさつで「コメは家庭消費が減少し、中食・外食にシフトしている。・・・
[全文は電子版会員登録を]