日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

持続可能な地域づくり 伊藤勝康シェフ、田野畑村で推進

外食 ニュース 2019.03.11 11846号 05面

伊藤勝康シェフ
伊藤勝康シェフ

 農林水産省料理人顕彰制度「料理マスターズ」。2012年の第2回にブロンズ賞を受賞した伊藤勝康シェフが岩手・北三陸に位置する田野畑村に移住し、持続可能な地域づくりのモデルスタイルとして「ポーラスタープロジェクト」を推進している。

 田野畑村は人口3416人(1426世帯)が暮らす。南と西側は岩泉町、北側は普代村に接し、東は太平洋に面している。東西約17km、南北14kmで、面積は156平方km。前は海、後ろは山が迫り、平地の少ない典型的な漁村だ。

 伊藤シェフは地域のお年寄りと顔・・・
[全文は電子版会員登録を]