日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

新潟大学、世界初・日本酒学を開講 産官学で拠点のセンター設置

酒類 ニュース 2018.03.14 11673号 02面

新潟市の朱鷺メッセで設立会見を開きセンターへの期待や取組みについて語る米山隆一県知事、高橋姿学長、大平俊治新潟県酒造組合会長(左から)
新潟市の朱鷺メッセで設立会見を開きセンターへの期待や取組みについて語る米山隆一県知事、高橋姿学長、大平俊治新潟県酒造組合会長(左から)

 【新潟】新潟大学は4月から、「日本酒学」を開講する。醸造だけでなく、文化や伝統、経済、健康など全学問分野が参画する世界初の試み。9日には同大学日本酒学センター設立会見が行われ、高橋姿学長は「センターが教育、研究、情報発信、国際交流の4本柱を推進しさまざまな形で次世代へ発信していきたい」とした。

 17年5月9日に、日本酒学の構築について、国際的な拠点の形成とその発展に寄与することを目的として、新潟県、新潟県酒造組合、新潟大学の産官学で連携協定を締結。この協定に基づいて、研究推・・・
[全文は電子版会員登録を]