日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

ブルボン、AIで自販機業務を効率化 配送ルート最適化実験開始

菓子 ニュース 2018.12.19 11810号 02面

「プチモール」の管理業務。AIで効率化できれば働き方改革にもつながる
「プチモール」の管理業務。AIで効率化できれば働き方改革にもつながる

多用途自販機「プチモール」の配送ルート最適化イメージ
多用途自販機「プチモール」の配送ルート最適化イメージ

 【新潟】ブルボンは、人工知能(AI)を活用して自動販売機「プチモール」の配送ルート最適化に挑戦する。名古屋大学発のスタートアップ企業オプティマインドと共同で、19年1月から実証実験を開始。約半年の期間を設け、AI「Loogia(ルージア)」に学習させ効率化や業務改善、働き方改革への対応を検証する。ルージアの自販機業務活用は初の試み。有効性を裏付け、プチモール設置台数の拡大につなげていく考えだ。(山本大介)

 ブルボンの自販機事業は97年から始まり、05年4月から菓子の取り扱い・・・
[全文は電子版会員登録を]