日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

日本酒学研究会を発足 世界的学問へ発展目指す

酒類 ニュース 2019.03.13 11848号 02面

後藤奈美酒類総合研究所理事長
後藤奈美酒類総合研究所理事長

 【新潟】昨年4月からスタートした「日本酒学」を新たな学問領域に育成するため、学術団体「日本酒学研究会」が8日、発足した。産学官が連携して設立した新潟大学日本酒学センター教員と全国各地の大学に属する有志20人が発起人。従来の醸造学や発酵学だけでなく、人文や社会、理工、医歯学などさまざまな側面からの研究を統合し、オールジャパンで世界的な学問への発展を目指す。

 同研究会は、設立総会を朱鷺メッセ新潟コンベンションセンターで開催。会長に就任した後藤奈美酒類総合研究所理事長はあいさつで・・・
[全文は電子版会員登録を]