日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

進化する小売配達サービス:セブンイレブン、セブンミール委託 ココネットと提携実験

小売 ニュース 2017.02.15 11485号 10面

 セブン-イレブン・ジャパンは、食事や商品を顧客宅に届けるサービス「セブンミール」を他社と連携して配送を試みる。西濃運輸グループのココネットと提携し、配送業務を任せる。広島県で先行実験して仕組み作りを進める考えだ。人手不足が問題になる中で、加盟店の負担を減らす狙い。

 古屋一樹社長は「人手不足に悩んでいるのも事実。ココネットと組んで、広島の200~300軒で先行テストをしているが、できればスピードアップしたい」と意欲を示した上で、「店は注文を取って、お客さまと接点を持ち、配達は・・・
[全文は電子版会員登録を]