日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

U.S.M.H、商流統合とPB開発 相乗効果を発揮

小売 ニュース 2017.04.14 11512号 01面

藤田元宏社長
藤田元宏社長

 マルエツ、カスミ、マックスバリュ(MV)関東のイオン系食品スーパー(SM)3社によるユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(U.S.M.H)は、加工食品を含めた商流の統合とPB(自主企画)商品の開発に乗り出す。新たに策定した17~19年度の中期経営計画の商品改革として推進し、規模の優位性を最大限活用して相乗効果を発揮する狙い。

 商流統合は今年度から第1段階として日用雑貨、医薬品から仕入れの集約を開始し、食品が続く。原価低減などの効果や将来的には既存の物流センター・・・
[全文は電子版会員登録を]