日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

外国人技能実習生意識調査 過半は「運営学びたい」

小売 統計・分析 2018.01.10 11643号 10面

 日本スーパーマーケット協会(JSA)が実施した外国人技能実習生意識調査によると、小売の仕事を学びたいと思うと答えた実習生168人のうち、57.7%が具体的に学習したい内容は店舗運営の仕方と回答した。ほかにも商品開発や発注、仕入れなど帰国後の起業に役立つ経験を望んでいるという。担当以外で経験したいと答えた115人中、111人が店舗での各種業務を希望している。

 調査はJSAが17年10月に会員企業9社、328人を対象に行ったアンケートを、各社人事部で集計し、協会事務局が結果をま・・・
[全文は電子版会員登録を]