日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

18年恵方巻き商戦 提案・切り口工夫 監修・コラボも多彩

小売 ニュース 2018.01.10 11643号 10面

セブンイレブンは小ぶりの恵方巻き、スイーツ、麺類など組み合わせたブュッフェスタイルを提案=写真はイメージ
セブンイレブンは小ぶりの恵方巻き、スイーツ、麺類など組み合わせたブュッフェスタイルを提案=写真はイメージ

 18年の小売各社の恵方巻き商戦は、太巻きを含めた組み合わせ、祈とうを受けた海苔を使うなどの提案や切り口も工夫している。有名料理店の監修やキャラクターとコラボレーションも多彩になっている。恵方巻きは季節催事として定番化しているだけに、各社ともさらに独自色を打ち出す。巻き寿司以外でもスイーツや麺類、惣菜など関連商品を展開し、併売で販売の底上げを図る構えだ。(山本仁)

 セブンイレブンは、ミニサイズの恵方巻きに加え、いろいろな商品との組み合わせの「ブュッフェスタイル」を提案する。ス・・・
[全文は電子版会員登録を]