日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

上場SM3月期4~12月決算 8社中6社、営業減益 コスト増吸収できず

小売 決算 2018.03.14 11673号 04面

 上場する食品スーパー(SM)18年3月期第3四半期累計(17年4~12月)決算は8社中6社が本業のもうけを示す営業損益が減益で、そのうち1社が営業損失を計上した。中間決算に続いて、人件費を含めた販売管理費の増加を営業収益の伸びで吸収できなかったため。

 増収を確保したものの営業減益だったのはバローホールディングス(HD)、アクシアルリテイリング、関西スーパーマーケット、アルビス、マキヤ。減収だったヤマナカは2億6900万円の営業赤字。

 いなげやは減収も徹底した経費の見直しで、・・・
[全文は電子版会員登録を]