日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

10月CVS売上高、たばこの反動減で単価下落

小売 統計・分析 2018.12.05 11804号 10面

 日本フランチャイズチェーン協会(=JFA)の18年10月度CVS(コンビニエンスストア)統計によれば、既存店売上伸び率は前年同月比1.5%減と5ヵ月ぶりで前年割れだった。前月にたばこ増税前の駆け込み需要があり、その反動で客単価が2.0%減と43ヵ月ぶりで下落したため。カウンター商材や米飯類などの日配品は0.7%増を確保したものの、たばこを含む非食品は3.9%減と低調だった。

 6チェーンとも既存店の客単価が前年割れで、売上高もマイナスだった。セブンイレブンの既存店売上高も0.・・・
[全文は電子版会員登録を]